泌尿器科の治療 メインビジュアル

泌尿器科で受診する病気

泌尿器科で診療を受けたことはありますか?
泌尿器科で治療を受ける病気というと、最も代表的なのが膀胱炎ではないでしょうか。トイレで用を足すとき、痛みで苦しい思いをしていたら、膀胱炎の疑いがありますので、 なるべく早く泌尿器科での診察を受けてみてください。また、男性では前立腺の病気で泌尿器科に通院している方もたくさんいます。 尿管結石のように、強い痛みをともなう症状もありますので、違和感を感じたらすぐに泌尿器科へ相談するのが好ましいでしょう。 ほかにも、性感染症の治療も泌尿器科で行っています。いずれの病気も、なかなか人に相談しにくい病気ですので、なかなか病院へ行く踏ん切りも付かず、一人で悩んでいる方が多いと聞きます。 ですが、病気は早めの治療が大切です。なるべく早く泌尿器科の医師に相談してください。
このサイトでは泌尿器科で治療される代表的な病気をとりあげて紹介します。参考になれば幸いです。

泌尿器科
  • 女性のための肛門科|名古屋
    いぼ痔などお尻の悩みを女医に相談。
    治療に通いやすい金山駅前のクリニック。
    ゆき乳腺クリニック
    名古屋市熱田区 金山町1丁目202番地 5階
    https://kanayama-clinic.com/

泌尿器科

泌尿器科では名前をみてもわかるように泌尿器に関する治療を行います。 泌尿器(生殖器)を中心に治療するところですがそれだけではなく、体内の水分を調節したり老廃物を排泄する働きをもつ腎臓、そこから泌尿器までの尿管・膀胱・尿道の治療も行います。 泌尿器は他の身体の部分とは違って男性と女性とで形状が大きく異なるので、男性だけにしか発病しない病気や女性に多い病気もあります。 そのため泌尿器科には男性向けだったりレディース専門のクリニックもあります。
もっと詳しく

泌尿器科
  • 経鼻内視鏡検査を名古屋市で
    患者様の負担が少ない胃カメラ検査を行っています。
    大腸検査(大腸カメラ)も専門医である院長が担当。
    はせがわクリニック
    名古屋市天白区高宮町1308(天白メディカルセンター)
    tel:052-800-3711

男性と泌尿器科

泌尿器科で男性のかかる病気には、やはり前立腺の関係する病気が多いでしょう。前立腺は男性にしかない、女性にはない器官です。 前立腺肥大症は前立腺が大きくなってしまう病気で、4~50才以上の男性に多くみられます。 症状としては尿が出にくくなる、尿の回数が多くなる(頻尿)、尿が漏れるなど排尿障害があります。主に薬物療法や手術療法などでの治療となります。 排尿行為におかしいな、と感じるようになったら泌尿器科での検査をお勧めします。
もっと詳しく

女性と泌尿器科

女性のかかりやすい泌尿器に関する病気は、尿に関係することが多いです。男性とは違って泌尿器(性器)が直接病気になるというイメージではありません。 急性膀胱炎は頻尿や尿混濁が主な症状で終末時には排尿痛もありますが、発熱するわけでもなくそれほど生活に影響する病気ではありません。 肉眼的血尿が出ることがありますが、治療には数日程抗菌薬を内服するだけで、比較的簡単に治まります。
もっと詳しく

泌尿器科

性感染症

若い人が泌尿器科のお世話になる場合、性感染症(性病)の治療であることが多いかもしれません。 性感染症は主に性行為(性交)によって感染する病気で、男女間だけでなく同性同士でもうつる可能性はあり、性行為をしなくてもキスだけで感染することもあります。 ですが手を握ったり同じお風呂に入ったくらいでは感染しませんので、それらしい症状が出て性病の感染の疑いがあるかな、となる場合は本人にもきっとその原因に心当たりがあるはずです。 性感染症を防ぐにはなによりコンドームの着用が第一で、あとは不特定多数との性行為は控えることです。
もっと詳しく